The hankō (藩校) was an educational institution in the Edo period of Japan, originally established to educate children of daimyo (feudal lords) and their retainers in the domains outside of the capital. These institutions were also known as hangaku (藩学), hangakkō (藩学校) or hankō (藩黌).

These schools existed until 1871, when the domains were abolished after the Meiji Restoration of 1868. The han schools were at first narrowly defined as schools of Confucian studies for the cultivation of the samurai elite, and attendance was both expected of and limited to the children of this class. Late in the period, however, children of other social classes were permitted to attend, and the curriculum was expanded from its core in the Confucian classics to include training in classical Japanese studies (kokugaku), medicine, and the various branches of Western learning, including mathematics, astronomy, military science, and ballistics. Students entered at age 7 or 8 and usually completed their courses of study between the ages of 15 and 20. By the 1860s there were about 255 han schools nationwide.

https://en.wikipedia.org/wiki/Han_school

 

  1. 2002, 平成14,  全国藩校サミットin東京; 東京都湯島聖堂
  2.  2003, 平成15, 全国藩校サミットin会津若松 ; 会津藩日進館(福島県)
  3.  2004, 平成16, 全国藩校サミットin多久; 多久藩東原庠舎(佐賀県)
  4.  2005, 平成17, 全国藩校サミットin高梁; 高梁藩有終館(岡山県)
  5.  2006, 平成18, 全国藩校サミットin高遠; 高遠藩進徳館(長野県)
  6.  2007, 平成19, 全国藩校サミットin鶴岡; 庄内藩致道館(山形県)
  7.  2008, 平成20, 全国藩校サミット熊本大会; 熊本藩時習館(熊本県)
  8.  2009, 平成21, 全国藩校サミットin長岡; http://www7a.biglobe.ne.jp/~jigenji/hankou102.htm
  9.  2010, 平成22, 全国藩校サミットin鹿島
  10.  2011, 平成23, 全国藩校サミットin水戸, Mito
  11.  2012, 平成24, 鹿児島大会
  12.  2013, 平成25, 行田大会
  13.  2014, 平成26, 福岡大会
  14.  2015, 平成27, 亀丸大会
  15.  2016, 平成28, 11月、香川県丸亀市

江戸時代、各地の藩校で行われていた教育を現代に生かそうという全国藩校サミット

盛岡藩(作人館)、仙台藩(養賢堂)、庄内藩(致道館)、天童藩(養正館)、米沢藩(興譲館)、福島藩(講学所)、湯長谷藩(致道館)、守山藩(養 老館)、白河藩(立教館)、二本松藩(敬學館)、棚倉藩(修道館)、水戸藩(弘道館)、結城藩(秉彝館)、壬生藩(学習館)、忍藩(進脩館)、川越藩(講 学所[博喩堂])、佐倉藩(成徳書院)、江戸幕府(昌平坂学問所)、三根山藩(入徳館)、長岡藩(崇徳館)、富山藩(広徳館)、岩村藩(知新館)、田中藩 (日知館)、桑名藩(立教館)、田辺藩(明倫館)、峰山藩(敬業堂)、紀州藩(学習館)、備中松山藩(有終館)、新見藩(思誠館)、岡山藩(閑谷学校)、 福山藩(福山誠之館)、岩国藩(養老館)、高松藩(講道館)、丸亀藩(明倫館)、伊予松山藩(明教館)、宇和島藩(明倫館)、土佐藩(教授館[致道 館])、福岡藩(修猷館)、柳河藩(傳習館)、秋田黒田藩(稽古館)、豊津藩 [旧小倉藩](育徳館[思永館])、佐賀藩(弘道館)、佐賀藩多久邑(東原庠舎)、鹿島藩(弘文館)、平戸藩(維新館)、熊本藩(時習館)、薩摩藩(造士 館)、吉田藩(時習館)。

参加藩での藩校名を引き継いだ高校として、米沢藩(興譲館)山形県立米沢興譲館高等学校、吉田藩(時習館)愛知県立時習館高等学校、福山藩(福山 誠之館)広島県立福山誠之館高等学校、福岡藩(修猷館)福岡県立修猷館高等学校、柳河藩(傳習館)福岡県立傳習館高等学校、豊津藩 [旧小倉藩](育徳館[思永館] 福岡県立育徳館高等学校が現存しており、江戸時代から受け継がれた藩校精神が今も生きている。特に薩摩藩の「造士館」は明治20年高等中学校の制により鹿 児島高等中学造士館、明治29年に鹿児島尋常中学造士館、明治34年文部省直轄諸学校官制中改正の件で全国第七番目の官制高等学校「第七高等学校造士館」 として継承され日本の教育に大きく寄与した歴史を刻んでいる。

開催地行田の忍藩(進脩館)は埼玉県立進脩館高等学校としてその名を残している。

 

Advertisements